ニュース一覧

現在社会の英語力の必要性

男性

語学力の取得方法

今や会社や職場などで英語を使う機会が増えています。また外国人を町の中で見かけることも多くなり、お店の方も英語での対応が必要となる場面もあるでしょう。英語は母国語としている方が多いことに加え、第二・第三外国語として学ぶ国が多く、外国人同士が会話をする際に使われる共通の外国語でもあります。また外国語、特に英語を学ぶということは自分自身の世界を広げることにもなります。海外旅行などはもちろん、今やインターネットで海外の情報にアクセスする事ができ、英語で書かれているサイトが多くあります。日本にいながら海外の情報を知るためにも英語はとても重要なのです。それではどのように英語を勉強したら良いのでしょうか。日本の外国語教育はとても優秀ですので、本人のやる気に次第では、学校での勉強だけでも実力をつけることが可能です。しかしやはり多くの時間、英語に触れるという意味では、海外留学が有効な手段です。もちろんアメリカやイギリスなど英語を母国語としている国がまず頭に浮かぶかもしれませんが、最近ではその他の国を検討する方も増えています。中でも注目したいのがフィリピンのセブ島への留学です。なぜセブ島が注目されているのでしょうか。まずフィリピンはタガログ語と英語が公用語となっており、多くの人達が英語を話す事ができます。なかでもセブ島は観光地でも有名であり、マリンスポーツも活発で環境がとても良いことでも知られています。そしてアメリカやイギリスなどに比較して、費用がとても安いことも魅力です。費用を安くおさえる事ができれば、その分期間を延長して留学することも可能ですね。グローバル世界と言われるいま、フィリピンのセブ島への留学を検討してみてはいかがでしょう。